APTIVA 2176-H5E   IBM製

 

CPU   PENTIUM 150MHZ

メモリ   EDO SIMM 8*2=16MB    −−> 8*2+32*2=80MB

FDD   3.5インチ3モード

HDD   2.5G              −−> 2.5G+3.8G

M/B   X   SOCKET7

GA     ATI 3D RAGE/2MB

ディスプレイ  17インチ SVGA 

オーディオ   MWAVE

ケース   X  ミニタワー

モデム   内蔵 28.8KBPS(MWAVE) −−> 33.6KBPS(MWAVE)

MPEG  ソフトウェアMPEG

拡張スロット  ISA X5  PCI/ISA X1  PCIX1

           −−> NIC    COREGA ETHER 僑稗咤繊檻

           −−> SCSI  ADAPUTEC AHA−2940(PCI)

I/O    2シリアル  1パラレル  1USB

K/B   109日本語キーボード

マウス   標準マウス

OS     WINDOWS95  −−> WINDOWS98




我が家に貰われてきたAPTIVA,早速コード類を取り付けて電源オン。

WINDOWS95が立ち上がったと思ったら、いきなり例外OEでフリーズ。

CTRL+ALT+DELETEを押そうと思ったらキーボードのCTRL、ALT、DELETEキーに

シールが貼り付けてある。

わざわざシールを貼り付けてあるとは、相当苦労して使っていた模様。

再度電源オン。今度は何とかWINDOWSが起動、落ち着いたところでIEをクリック。

又、例外OEでフリーズ。

そんなこんなで、2〜3時間もたち、諦めてインストールし直すことにした。

RECOVERY CDROMを入れ電源オン。

インストールが始まり、しばらくしてWINDOWS95のプロダクトキーを要求された。

その時になって、WINDOWS95のマニュアルが無いことに気づいた。

電話して探して貰ったが見つからないとのことで、急遽WINDOWS98のクリーン

インストールに切り替えることにした。

どうやら無事終了したと思ったら、今度は音が出ない。当分このマシンで遊べそうだ。




APTIVAはサウンド関係とFAX、モデムをMWAVEというISAカードで処理している

ので、そのドライバーが無いとどうしようもない。

サウンドブラスター16でもつけようかと思ったけど、中古のISAカードを探すのも

手間がかかるので、今日はもう一度RECOVERY CDROMを使って再インストール

に挑戦することにした。

RECOVERY CDROMをセットし電源オン。

Cドライブをフォーマットしても良いか聞いてくるので Y を入力。

2〜3回 N/Y を聞いてくるので全て Y を押すとファイルのコピーが始まる。

しばらくして、コピーが終わり再起動を促される。

CDROMを取り出し何かキーを押すと電源が落ちる。

再度電源オン。

WINDOWS95のセットアップが始まり、プロダクトキーを要求される。

手持ちのWINDOWS95のプロダクトキーを入力、無事通過。

1時間位でセットアップ終了。

ついでにMWAVEの33.6バージョンアップ版をインストールし、その後で

WINDOWS98にアップグレード。

これでバッチリと思ったら今度はスキャナーから画像が取り込めない。

SCSIのCANOSCAN300と、ADOBEのPHOTDELUXE。

キャノンのページからドライバーをダウンロードし、ディスク使用で組み込もうとしたが

どういうわけか組み込めない。

貰ってきたときは、問題なく動いていたし、画像も取り込めた。

ハードウエアの検出をかけると、CANOSCAN300と認識するけれど、TWAIN32

にドライバーが入らない。ドライバーの更新をかけても変わらず。

古いドライバーを削除するプログラムも使ってみたが変わらず。

イメージングデバイスとして認識されない。原因不明。

今日はこれまでとしよう。




今日はもう一度RECOVERY CDROMを使って使って最初から

やり直してみる。

RECOVERYが終わって、WINDOWS95の状態でMWAVE33.6

にアップグレード、問題なく成功。

CANOSCAN300のWINDOWS95バージョンをダウンロードしてみたら

WINDOWS95版は、インストーラーが付いていて簡単にドライバーが

入れられた。

スキャナーを使ってみたが異常なし。

そこで、OSをWINDOWS98にアップグレード。

CANOSCAN300のドライバー削除ツールを使用してWINDOWS95版

CANOSCAN300をアンインストール。

コントロールパネルのハードウェアの追加で一覧から選択を選ぶ、イメージ

ングデバイスを選び、ディスク使用を選択、HDD上のCANOSCAN300

WINDOWS98版ドライバーのフォルダのDISK1を指定。

CANOSCAN300を指定しOKをクリック。

どうやら今度はうまくいったようだ。

デバイスマネージャーで確認してみると、イメージングデバイスの下に

CANOSCAN300が出来ている。

早速、PHOTODELUXEを起動し、写真をスキャンを選ぶと、カメラ/スキャナ

を選択するダイアログが出てくるのでTWAIN32対応機器の選択を選ぶ、

ソースの中にCANOSCAN300が有るのでそれを選択、次に、TWAIN32

対応機器からの入力を選ぶと、SCANGEAR CS−Sの画面が出てくるので

後はスキャンタブをクリックするだけだ。

やっとスキャナが使えるようになった。




子供が使っているフリーのMP3プレーヤーを入れてみた。

音がいいと評判だと言うことだったけど、APTIVAのMWAVEではひどい音がして使い物にならない。

WINAMPではそこそこの音が出るから大丈夫かと思っていたけど、MWAVEの能力では無理

みたいだ。

それに、OSをWIN98にしてからPCを起動するたびボリュームコントロールが0になってしまうように

なった。




TOP    HOME